事業内容service

地域を伝える農産物の生産・流通・卸売事業

福島県の農産物を
「新たな規格」で流通させています

市場の規格外品を含めた農産物(桃、梨、ぶどう、りんご、柿など)の「新たな規格」をつくり、生産者から直接買い取った農産物を、産地の情報とともに都市の青果店へ流通させる仕組みを構築しています。「福島県の美味しい農産物で、みなさまの毎日の食卓がより豊かになりますように」との想いで、この事業を展開しています。このような流通によって、「産地と消費地のつながりづくり」、「福島県産農産物のブランド価値の向上」、「生産者の所得向上」を目指しています。小売店のみならず、飲食店や各種メーカーへも農産物の卸売も行なっています。

農産物online shop

催事やイベントでの物販

マルシェや催事へ出店し、
福島県の魅力を発信しています

東京都内で開催されているマルシェ・催事などを中心に、福島県産の旬の農産物や福島県内で製造された加工品の販売を行なっています。お客さまへ地域や産品の情報を直接伝え、反応をダイレクトに受け取ることで、独自のマーケティングを実施しています。
出店事例:LUMINE AGRI MARCHE(ルミネ)

地域資源を活用した商品の企画・販売事業

地域に眠る資源から価値を見出し、
商品企画から販売までを行なっています

規格外・廃棄品となる農産物など、これまで埋もれていた地域資源を活用した化粧品や加工食品をはじめとするさまざまな商品の企画・開発・販売を行なっています。生産地と消費地、両方のニーズを捉えたクリエイティビティのあるものづくりをすることで、確かな結果へと導いています。

「明日わたしは柿の木にのぼる」

自社ブランドのひとつが、2020年1月よりスタートしたフェミニンケアブランド『明日 わたしは柿の木にのぼる』です。これは福島県国見町の特産品であるあんぽ柿の製造過程で剥かれる柿の皮を使用した、女性のデリケートゾーン専用のオーガニックスキンケアコスメになります。これまで廃棄されるだけであった柿の皮がもつ消臭・抗菌作用などに着目し、製品化を実現しました。
 『明日 わたしは柿の木にのぼる』を展開する背景には、「すべての女性が、生き生きと輝ける社会になってほしい」という想いがあります。あらゆることを一人で抱え込み、頑張り過ぎてしまう女性は決して少なくないはず。そんな女性が、1日の中で1 分でも10 秒でも、自分の体調やカラダを見つめなおせるライフスタイルを作りたいと思い、アイテムを開発しました。それはきっと、女性が自分自身で人生を選ぶ生き方に繋がっていくと考えています。全ての女性がご自身を尊重するきっかけになれましたら幸いです。

明日 わたしは柿の木にのぼる

コンサルティング・プロデュース事業

ご相談に応じたコンサルティングやプロデュースも承っています。
自社発信の事業で培った経験と実績をベースに、オペレーション構築や最新の情報に基づく実務的な支援を、
「ご相談から実行まで、とことん二人三脚」でサポートさせていただきます。

伴走型コンサルティング・
プロデュース事業の事例

地域の産物を使った商品の
プロデュース

地域の産物を用いるブランドのプロデュースに取り組む際は、都会でのニーズのみならず、つくり手の想い、地域が培ってきた歴史や文化といったストーリーを大切にしています。福島県浪江町で栽培されたトルコギキョウを使ったバスアメニティブランド「ハナミエ」のプロデュースでは、福島県産の日本酒や米麹などをプラスし、トルコギキョウの美しさをそのまま閉じ込めたアイテムを制作しました。(クライアント:民間企業)

関係人口・交流人口・定住人口の
創出を目指す
プロジェクトコンサルティング

東京に拠点をもつ中で培ったネットワークや都会的な感覚をいかし、福島県における新たな関係人口・交流人口・定住人口の創出を目指すプログラムの企画・運営を行いました。参加者に地域への愛着を抱いてもらうため、住民とともに地域課題の解決を目指す2 泊3日の合宿型フィールドワークを実施。今後のプロジェクトの進展や交流が期待される、深い関係が生まれました。(クライアント:行政)

講演会・セミナーへの登壇

株式会社陽と人代表の小林味愛は、「持続可能な地域づくり」、「地域における6 次化商品開発」、「女性の起業」などがテーマの、さまざまな講演会やセミナーに登壇しています。

メディア・講演情報

地域づくりプロジェクトに
専門家として参画

地域づくり関連の事業において、地域をサポートする専門家・コーディネーターとしてさまざまなプロジェクトに参画しています。そのひとつが、東日本大震災の被災地が抱える地域課題解決に挑むN P Oや自治体等を、サポートする伴走型支援事業です。宮城県石巻市雄勝町を拠点に活動を行う一般社団法人雄勝花物語とタッグを組み、津波被災後の低平地の利活用及び交流人口拡大プロジェクトなどを行ないました。